素晴らしい式にするには結婚式場が重要になる

婦人

神社で結婚式を挙げる

神前式

神前式の結婚式

結婚する日本人カップルの多くが、神前式の結婚式を挙げています。神道は、古来から日本に伝わる土着信仰です。かなり昔から神前式の結婚式が営まれてきたように考える人が多いですが、その歴史はそれほど古くありません。大正天皇が神前式に近い形で結婚式を挙げたのをきっかけにして、一般の人も神前式の結婚式を挙げるようになりました。したがって、日本国内に神前式の結婚式が浸透するようになってからまだ100年位しか経っていないことになります。しかし、人生の節目にふさわしい厳かな結婚式にすることができるため、現在では神前式で結婚式を挙げるのが一般的になっています。神前式の結婚式を挙げることができるのは、神社もしくは神社と提携している結婚式場です。出席者の便宜を考えて神社と提携している結婚式場を利用する人が多くなっていますが、厳粛な気持ちで結婚の時を迎えることができるという理由で神社で挙式することを選ぶ人も大勢います。神社で結婚式を挙げることを一般的に神社挙式と呼んでいますが、芸能人や著名人が神社挙式を行うことが多く、それを見た人が神社挙式に憧れるケースが増えています。神社挙式を選んだカップルの多くが、荘厳な雰囲気の中で襟を正して夫婦になる誓いを立てることができたと、深い満足感を得ています。また、招待客からだけでなく、見知らぬ一般参拝客からも祝福の声をかけてもらうことができるというメリットがあります。神社挙式を望むカップルが増えてきているため、披露宴もセットした挙式プランを用意する神社が増加しています。